雪害の原因は、雪?、それとも準備不足?

大雪の年になると、雪を原因とした住まいのトラブルや問題が発生します。 家づくりを考える前に、どのような問題が発生しているかをしることも大事です。

有名なハウスメーカーでも、地元の工務店でも、雪にちなんだ住まいの問題は発生しています。 「有名な会社だから大丈夫」「地元の工務店だから安心」などの過信には注意が必要です。

まずは、様々な雪害をピックアップしていきます。

  1. 隣接道路・隣地への落雪・落氷
  2. 軒先や屋根の被害
  3. 雨樋への負担と被害
  4. 壁や窓ガラスの被害
  5. 建物の損壊
  6. 雪下ろし・除排雪の事故
  7. ソーラーパネルによる問題
  8. 雨漏り(すが漏り)


隣接道路・隣地への落雪・落氷

屋根からの落雪・落氷が、自宅の敷地の外に出て問題になることがあります。

自宅の雪がお隣へ・・・
自然落雪式の屋根で、屋根下に落ちた雪が積って、どんどん高くなり、隣地までこぼれ落ちていき苦情が・・・。
自然落雪式の屋根でペンキを塗り替えたら滑りが良くなりすぎて、直接お隣の敷地に雪が落ちて苦情が・・・。

大きくなった雪庇やツララ
軒先の雪庇やツララが大きくなり、お隣や、隣接道路の歩行者などに、不安を与えるほどになり・・・。



軒先や屋根の被害

大雪の年やその春には、屋根や軒先が壊れた家を時々目にします。

雪下ろしが間に合わなかったのでしょう。 大雪になると雪下ろし業者には、依頼が殺到するため、すぐできるところを見つけるのは難しいです。

いつも大雪になるとは限らないことが、いっそう雪下ろし業者の事前の準備を難しくして、久しぶりの大雪のほうが、手配が難しくなる傾向があります。



雨樋への負担と被害

屋根の先端にある雨どいは、雪の負担がかかりやすい場所でもあります。

大雪で雨樋が壊れたという話もよく耳にします。 そのため、雪の降る期間は雨樋を取外したり、もともと雨樋をつけていない家も積雪地にはけっこうあります。



壁や窓ガラスの被害



建物の損壊



雪下ろし・除排雪の事故



ソーラーパネルによる問題



雨漏り(すが漏り)

屋根上の雪から融けた水が雨漏りのように、天井から滴ることがあります。

雪の重みによるたわみなどで、屋根のつなぎ目などにスキマができ、そこから雪融け水が流れ込むというしくみです。




このページの先頭に戻る

ピックアップ!こんな話題も

狭い(狭小・変形)敷地で家を建てる|雪対策のポイントも
狭い土地に家を建てる場合、注意したい事がいろいろあります。雪国の場合、雪捨て場の問題など冬場に特に問題が続出する場合も。あらかじめ解決の目処をつけておかないと、困った問題になることも。.....

意外に知られていない雪国の屋根の秘密|屋根の種類やつくり
雪国の屋根には雪に対応するために様々な秘訣やポイントがあります。家づくりでは知らないと困る大事なポイントです。あとから雪で苦労しないために、大事なポイントをまとめました。.....

アパート・賃貸暮らしが長い方ほど見落としがちな家づくりのポイント
アパートや賃貸が長い方ほど見落しやすい家づくりのポイントがあります。それは雪対策。雪国のアパートの多くは、日常的な除雪や、屋根の雪下ろしが不要です。大家さんや管理人側で雪を処理します。ロードヒーティングや散水消雪など融雪設備があるアパートなども人気です。しかし、マイホームの場合は状況がガラリと変わり.....

家づくりで考えたい雪害のいろいろ|写真・画像・体験談
家づくりを考える前に雪害を知っておくことも大事です。どんな雪の害があるのかを知れば、家づくりで失敗する可能性も小さくできるはず。ただ降るだけの雪と思っても、たくさんだと驚くような問題を起こすこともあります。.....

雪国ならではの二世帯住宅の家づくり|見落とせないポイント
二世帯住宅ではどこを共有し、どこを分けるのか、生活のスタイルを計画することが大事です。将来の生活も考えながら、雪の問題も見落とすことなくしっかり家づくりに反映させましょう。.....

Copyright © 2009-2011 雪国の家づくり|新築・リフォームのポイントと工務店・ハウスメーカー・大工選び. All rights reserved